おすすめ教材:古文解釈の方法

こんにちは、管理人のtwelfです。私は個別指導の塾で働いており、このブログに乗せているおすすめ教材は、そこで生徒に勧めているものが中心になっています。

本日はそこから少し変えて、ほとんどこれまで生徒に渡しった教材を紹介してみようかと。

これまで紹介をしたことがないとは言っても、それはおススメ度が低いからではありません。ただ単に個別指導という場においてはあまりフィットしないからというだけです。

古文解釈の方法

f:id:oversea12:20201211002311j:plain

おススメ度:★★★★☆

問題数  :★★☆☆☆

問題文  :★★★★☆

解説量  :★★★★☆

駿台文庫からの一冊。シリーズものになっており、「古文解釈初めの一歩」「古文解釈の実践I・II」が姉妹本となっております。

古文の力を、「単語力→文法力→解釈力→解答力」と段階分けするとするなら、この教材は解釈力の養成に適した教材です。

「単語と文法をいくら上げても模試の点数につながらない!」という悩みをお持ちの生徒は取り組んでみるといかがでしょうか。

個別指導においてはポイントをノート的にまとめた解説部分と、豊富な問題量、この両方を満たした教材でないと授業が進めづらいのですが、この教材は半分読み物。質の高い講義をそのまま文字に起こしたかのような内容です。

「とにかく力試しがしたい!」という気持ちをぐっと押さえて、まずは講義に耳を傾けてみる落ち着きがないと少ししんどい教材かもしれません。

でも、大事ですよ、そういうの。

個別指導ではなかなか見ない教材、というのは先ほど述べたとおりですが、集合塾の生徒ならよく使っているかというと、そうでもありませんね。基本的には高校で行われる教科書を使った授業や、集合塾での普段の講座でフォローしている内容ではあるので、そこでの内容をしっかりと消化してきた経験を持った生徒であれば基本的には不要であるわけです。

ただ、その取り組みが不十分なままに終わってしまった、授業聞き流しタイプの学生さんたちもかなり多いのも事実です。

GMARCHに受かりたい!暗記や単純な反復練習でどうにかなるところはどうにかするから、その知識の活かし方を知りたい!

そんな方に最適な教材です。

では気になる中身を見ていきましょう。

 

◇教材の特徴

・古文をいかに読むか

・(時には)受験レベルを超える知識の宝庫

 

全8講の構成。

第1講 逐語訳と内容を大づかみにする方法

第2講 活用について

第3講 助動詞の解釈

第4講 助詞の解釈

第5講 敬語と解釈

第6講 引用文と挿入

第7講 受け身と使役の使い方

第8講 和歌の解釈について

どうでしょう。ワクワクしてきませんか?特に、活用について述べた第2講よりも先に逐語訳vs文同士の論理の話が来るのが最高ですね。

この第1講は非常に強力。最近は、震度ばかりを重視する半端な進学校ほど、暗記で古文の大部分を済ませてしまい、解釈への橋渡しを軽視する傾向にあると感じることもあるほど。そんな生徒にはとりあえず第1項だけでも取り組ませるだけでその後の伸びが全然違いますね。

各講の構成は、まずその講で扱う知識の詳説。試しに第2講を引いてみると「『活用とは』『活用形の決め方』『活用形の用法』『中止法』『副詞法』...」こんな感じ。

その後に文例を引っ張ってきての例題、設問、解答という流れ。非常にシンプル。なんというか、小西甚一の「古文研究法」とかを思い出しますね。

各講末の補講は非常に難しい内容で、明らかに受験古文を超えています。現代文の詳説を読むように、クリアに古文を読みたいという意欲を持った人は挑戦してみては。

 

◇おススメポイント

 

古文が得意、という人が普段どんなところに気を付けて読んでいるのかがわかります。どこか省略されているのか、どこで主語が変わっているのか、隠された主語の見抜き方...、などなどです。

テーマごとに一つ一つ、複雑な古文の文章を解きほぐすためのテクニックが詳しく乗っているので、それを身に付けつつこなしていくことで、最終的にはどんな大学の問題が出てきてもねじふせることができる古文の実力を手に入れることができます。

文学部志望で国語の配点も高く、入試の武器にしたいという生徒は勿論のこと、できる人の思考法を知りたいという人に適しています。我こそはという人はぜひぜひ挑戦してみてください。

 

◇おススメ使用法

 

導入時期が難しい教材です。半端に手を出すと火傷をする教材。GMARCHレベルですら、この教材の内容をしみこませたほどの実力は求められていないので、これを使わないカリキュラムでもなんとかなると言えば何とかなるのです。

ステップアップ古文→古文上達45→POLARIS古文と演習を行い、伸び悩みを感じてきた人が、何と言いますか、啓蒙を求めて手に取るべき教材ではないでしょうか。

あるいは、入試が残念な結果に終わり、次の入試に向けて、浪人生が新学期の本格始動までに地力を挙げるべく演習するというのもよいですね。

 

◇最後に

 

まとまった解説で手堅く点数を取らせてくれる教材はなんだかんだ町中にたくさんあふれていますが、受験の枠を超えて、本当の実力を涵養してくれる教材は少ないです。我こそは!という人や、将来古文を読んでメシを食いたいという人にぜひぜひおすすめしたい教材です。感想お待ちしています。