おすすめ教材:読んで見て覚える古文単語315

こんにちは、管理人のtwelfです。本日は古文単語教材をご紹介します。

 

私は英単語帳以上に古文単語長選びは本番での点数を左右すると生徒にはよく伝えます。

英作文やスピーキングなどを考えない場合、英単語帳は極論、意味と例文が載っていれば何でもよいのです。重要単語の細かなニュアンスの差異などは語法のところで勉強しますし、問題の作り方も細かなニュアンスで引っかけるようには作成されないのが基本です。

一方、古文の語彙に関しては、非常に深いレベルが求められています。辞書に④、⑤などと番号が振ってあるマイナーな意味は勿論。問題文も国語力がないと差異を判別できないような微妙な書き方で誤答を誘発してきたりします。

国語力?そうです。古文単語だろうが漢文の語句だろうが、読み解くには自分の操る現代日本語との繋がりの中で知識を整理する必要があるのです。国語入試はあくまで総合戦力によります。

それでは、その国語力につながる形で古文の単語知識を身に着けるには、どのような教材が適しているのでしょうか。

読んで見て覚える古文単語315

f:id:oversea12:20201129003130j:plain

おススメ度:★★★★☆

問題数  :-----

問題文  :-----

解説量  :★★★★☆

帯には「全国の高校でダントツの採用実績!」「もっとも売れている」などの文字が踊ります。確かに、これを学校から渡されている生徒さんはかなり多いですね。

「ゴロゴ」などを基幹教材として渡す高校は聞いたことありませんし、この手の質のある教材を渡すのが教育的に無難ではあるのでしょうが。

それでも、先生方のウケが良いのには訳があります。

 

◇教材の特徴

・多義、例文、イラスト、核の意味、バランスよく配置。

・和歌、古典常識、文学史、すべてがオールインワン

 

単語帳としての命、単語解説ページは情報量多く、かといってごちゃごちゃなっておらず読みやすいです。単語の成り立ちや豆知識や、読解に役に立つ実践知識は上段。派生語は一番下。意味と対応して例文が複数載っており、それの意味を悪人しながら読むだけでも力がつくでしょう。インパクトあるイラストが多めに収録されているのもうれしいですね。

時折数ページ挟まるコラムが非常に役にたちます。「うち」「もて」「とり」「さし」「たち」「あい」などの接頭語、「げなり」「ども」「ばら」などの接尾語を徹底解説したコラム。「なつく」「つつまし」など、古今異義語のルーツをたどりつつ現代語との橋渡しを行うコーナー、敬語を利用した主語判別を実勢に解説するコーナー...。なかなか読ませるものもあります。

 

◇おススメポイント

何より、単語の多義に対応して例文が多めに収録されていることです。古文では英単語暗記の際に友好な、「一対一対応での暗記」があまり役に立ちません。古文の中ではどのような使われ方をするのか?別の訳としてどのようなものがありうるのか?逐一確認することが国語力向上に役に立ちます。

第2のおススメポイントはまさかの巻末です!単語や慣用句を解説し終えたラストに怒涛の勢いでお役立ち情報が満載。和歌の各技法の解説、四季の風物、時刻と方位、恋愛と結婚、後宮などの古文常識、そして文学史と十分な解説とともに収録されています。これらの情報量の多さと読みやすさ。本教材を受験年間の友としてぜひぜひボロボロになるまで読み込むことをお勧めする理由です。

 

 

◇注意点

辞書や古文読解のためのガイドブックとして優秀な本冊。欠点を挙げるとするならばやはり演習のやりにくさでしょう。眺めているだけでは頭には入らないので、何かしらの演習を取り入れる必要があります。学校でこの教材が採択されている方は学校の方である単語の試験に必死で取り組むという手がありますね。頑張ってください。

完全に自学のためにこの教材を導入した場合、この教材の情報量を頭に叩き込むために何かしらの問題演習を取り入れてください。

個別指導の塾に通っていたり、家庭教師の先生に教わっている方は一週間に30~50単語ほどのペースで口頭でチェックテストをしてもらうという手があります。

後はスマホアプリの活用も手として挙げられますね。調べるといくらでも出てくるのでインストールして隙間時間にポチポチしてみてください。

 

◇導入の時期について

年度初め~受験まで。以上!

ただ、英単語帳は最後の最後まで効率よく語彙力を増強するための教材がそろっていますが(「究極の英単語」シリーズなど)古文に関しては次のステップのための教材がありません。しいて言うならゴロゴやFORMULA600が収録語数が多い、といった程度ですね。ですので、英単語帳よりも早めに完成させて、読解演習を通じて国語力と選択肢選びのカンを磨いていく必要があるわけです。

 

◇最後に

単語と文法を覚えてもどうにもならないという感触を抱く方も多い古文。伸び悩みにハマらないためにも、単純な暗記にとどまらない知識のパスを伸ばしておく必要があります。そのための一冊として、読んで見て覚える古文単語315はぜひぜひ手元においてほしい教材です。

 

本日は以上です。使ってみて、記事を読んでの感想をお待ちしています。

おすすめ教材:関正生の英語長文POLARISシリーズ

こんにちは、管理人のtwelfです。

 

いきなりですが、皆さん、こう感じたことはありませんか?

「新しい年度の方が過去問が難しい!」

「過去問よりも本番の方が圧倒的に難しかった!」

などなど。

ゆとり教育の終焉に伴う生徒のレベルの向上、「一般入試の特殊化」に伴う問題レベルの引き上げ、本番の緊張感の中での錯覚、もちろんこれだけではなく様々な理由が挙げられるでしょう。

しかし、各大学の入試問題を解き続ける身になった私ですが、毎年毎年こう思うのです。

「やっぱり、過去問よりも今年の文章の方が読みづらいな」

と。

関正生の英語長文POLARIS

f:id:oversea12:20201128012302j:plain

その理由は単純かつ意外と盲点。

「古い問題文の話題はだんだん世間の常識になっていく分、難易度が低く感じる」

これに尽きます。

新しい話題をいかにキャッチするか。

英字雑誌を読む?―—読めるほどの英語力なら苦も無く受かっています。

ニュースを見る?——その時間で勉強した方がマシです。テレビの前にいると受験生として世間体も悪いし。

現代文の評論読解を鍛える?——無駄にはなりませんが、現代文の頻出テーマって、英語長文のそれとはあまりかぶっていないんですよね...。

本番でも息切れしない話題キャッチ力を鍛えるための教材。それが今回紹介する「英語長文ポラリス」です。

おススメ度:★★★★☆

問題数  :★★☆☆☆

問題文  :★★★★☆

解説量  :★★★★☆

 

◇教材の特徴

・闇雲に読む50題より、この本の12題

・精読力とわしづかみ力、両面からのアプローチ

ペナペナした手触りのカラフルな表紙に、帯にはアニメタッチの絵。英語だけでなく、他科目も一流講師陣が執筆を手掛けるPOLARISシリーズは、書店の受験教材棚を現在進行形で侵略しています。

詳しく、わかりやすく、何かしらのテーマを一本持っている(英語長文なら要約コーナーによる文章のわしづかみ、古文なら詳細な品詞分解、英文法は各分野まとめノート)…。

本教材は、生徒に渡した感じ、他教材と比べて圧倒的にウケが良いです。

そのうち受験教材の大定番として成長していくと思います。それくらいに完成度が高い。

それでは詳しく中身を見ていきましょう。

英語長文教材としては標準~やや少なめの問題数12。英語長文は標準の1、応用の2、発展の3の3段階あります。GMARCHで英語を得点源にしたいなら3まで、それ以外なら2まで手を出せばよいでしょう。

今手元にあるのは1なので、それをモデルに中身について説明しますね。

基本的には過去問を収録していくスタイル。大学名を挙げると、東洋英和、日本女子大、大妻女子、大阪教育大、新潟大、共立女子大、電気通信大、鹿児島大...。私立だけでなく国公立大学のものも収録されていますね。私立対策教材ではなく、「中堅私立大、センターレベルを目指す君へ」なので、さもありなん。

問題は別冊付属で、本冊が解答解説のスタイル。この教材がおかしいのはその解説の量。

解答ページを見てみましょう。「この英文を読む意義」なんていきなり大上段に攻めてきているのが格好いいですね。

最近の入試に頻出のテーマを厳選し、細かな解説を加えることで、闇雲に解く50題よりも力の付く12題を提供しようというのが編集の方針。頻出テーマを述べるだけでなく、自由英作文とのつながりもにおわせたりするのは志の高さを感じます。

次に来るのは各設問の解説。不正解選択肢の解説?そんなのPOLARISシリーズにとってはデフォルトです。

次は構文解説のコーナー。一文一文品詞分解して和訳を示しています。重要語句もその都度フォロー。そのあとは音読用の英文再掲。その後、文章展開を意識させるための全文和訳。1題の英文に対し、こんな感じで解説は12pほど。

話題の選定も的を射ています。情報化社会、教育、想像力、生物、男女、宇宙、移民問題、健康・医療、社会問題、コミュニケーション...、まるで小論文のネタ帳みたいな構成ですね。

レベル1にもかかわらず長さはいきなり700~1000words。厳選された話題の論旨展開をしっかりと息切れすることなく追いきることで、「その場のカン」や「問題文との相性」に左右されない読解力を身に着ける。それが本教材の狙いです。

褒めすぎて自分でも気持ちが悪くなってきたので少しアラ探ししておきます。この教材の最大の欠点は別冊の綴じ方が貧弱極まりないこと。A4を二つ折りしてホチキスで1針真ん中を留めただけって誰がゴーサイン出したんですかね。

強めのノリで本冊にくっついているのでこの別冊を無傷のまま本冊から引っぺがすのは至難の業です。私による再三の注意にもかかわらず、生徒の8割は渡したそばから別冊を破きます。悲しい。

後はでかでかと帯に載っているアニメタッチの絵ですかね。これを嫌って帯をゴミ箱に即ダンクする生徒も多いです。今の世代はアニメ文化に抵抗がないはずでは...。「面白いほど」シリーズを手に取るのをためらっていた昔を思い出さなくもないです。

 

◇導入の時期について

レベル別英語長文なら1~4。全レベル英語長文なら1~3。他の有名教材で言うと長文300とかそのあたりをこなしたころが丁度良い時期です。というのもこの教材1文1文が長いので。それに押し負けてしまうとせっかくの豊富な解説が無意味です。

 

◇最後に

ネイティブが全員死んでいる古文と違い、英文と現代文は鮮度が命。とは言ってもあまりに新しすぎるポッと出の教材は心配ですよね。POLARIS英語長文はその点バランスの良い教材です。強くお勧めします。

 

本日の教材紹介は以上です。勉強頑張ってくださいね。

 

 

おすすめ教材:チャート式 入試によく出るこれだけ70題!

こんにちは、管理人のtwelfです。本日はGMARCHレベルの数学の仕上げに最適な教材をご紹介いたします。 

皆様はこの時期何で数学を勉強されていますでしょうか。ひたすら過去問?黄色チャートの振り返り?学校教材?これまでの模試の振り返り?

いろいろとご自身のスタイルに合った勉強法はあるでしょうが本日紹介する教材はぜひぜひそのうちの一冊に加えてほしい教材です。

チャート式 入試によく出るこれだけ70題!

f:id:oversea12:20201127005926j:plain

おススメ度:★★★★☆

問題数  :★★★☆☆

問題文  :★★★★☆

解説量  :★★☆☆☆

有名なチャート式シリーズ。本冊はそのうちの通称紫チャートといわれるやつです。白→黄→青→赤がレベル別となっており、書店でも本棚でも存在感があり、いやがおうにも目に入るこのシリーズですが、紫は割かし薄めの一冊です。

白→黄→青→赤は基本的にはパターン別に解き方を網羅していくための教材ですが、この教材は実戦を意識し、これまで勉強してきたことが身についているか最終確認を行うための教材という位置づけです。

◇教材の特徴

・ランダム、かつ出やすい順に

・これまでの記述力、解答力を総点検

問題数は70単元に分かれ、それぞれに類題が付属しています。なので70×2の合計140問ですね。単元別でなく、出題率順(ということらしい)に並んでいるのが挑戦的な部分でかつ、この教材の最大の個性です。

各単元は見開き1pで掲載。KEYWORD、解放の手順のコーナーにて、解答の指針を紹介してくれています。「問題だけ見て解けるか?」「ヒントを示された状態で解答を作成できるか?」「類題への応用は可能か?」の3段階で知識をチェックできます。

KEYWORD、解放の手順に関して。これは完全に私が教材を眺めてみての印象なのですが、いろいろな問題に応用が利く一般的な発想法をフォローというより、当該問題をいかにして解くか?に集中した解説を行っているという印象です。

◇おススメポイント

とにかく、「大学入試で実際に問われた問題が」「出題頻度順に」収録されているという点。

白・黄チャート。そのほか全レベル問題集。大学への数学。共通テスト短期攻略シリーズ...。分野別に並んだ教材はそれこそたくさんありますが、そこで身に着けた体系的な知識を、効率的に復習するのに適した教材はそこまで多くはありません。

本教材の「出題頻度順に収録」という挑戦的な仕様は、上記のニッチな?需要に完璧に答えてくれます。

仕上げ、ということに関して言うと、問題を合計70単元(数学IIIを含めないならば39単元)にまで圧縮していることも魅力の一つですね。

この手の総点検用教材は1周2か月ほどでサクッとこなして周回or最後の仕上げに移りたいところ。あんまりにも分厚いと、結局は分野が偏った勉強法になってしまいますからね。

また、見開きで回答の方針について懇切丁寧に介護をしてくれているので、記述へのアウトプットを鍛えるのにも役に立ちます。

問題をパッと見ただけではなかなか手が動かないという問題レベルでも、ごまかしごまかし独力で答案の作成→復習までもっていけます。

自学向けの教材といえるでしょう。

本教材の弱点としては、上記でも述べましたが、パターン別の一般的な思考法の説明がやや手薄なところ。

各分野の知識を網羅していないというのは、教材の分量、出題の方針と照らし合わせて仕方ないところもあるのですが、問題ページに収録されている解答の方針もそこまで汎用性のある解説といえません。

なので、「どれだけ演習しても解ける問題の数が増えていかない」という状態に陥りやすいわけです。

自分の苦手がどの範囲か。その分析がしっかりできる状態になってからの使用をおススメします。

◇導入の時期とおすすめの使用法について

仕上げとして、何かメインの教材と並走して、自学していくのをお勧めします。

私が一番お勧めしていくのは志望校と日程もあらかた固まってきた10月以降の時期。過去問と並行して進めていくスタイルです。

1日に1分野(類題も含めて2題)こなすと2か月で周回できます。10月、11月ごろに開始して、年内での1周を目指す。そこでの出来に応じて、年明けからのラストスパートをどのようにかけるかを決めていくのが良いでしょう。

学校の先生にガッツリと勉強内容を見てもらえるという方、あるいは個別指導の塾や家庭教師にお願いしているという方は自分の答案を有識者に添削をしてもらうことで記述力を効率的にアップさせることができます。

◇最後に

勉強法の基本の話。大天才でもない限り、一つの内容を一回勉強しただけでは身に着けることはできません。程度の差こそあれ、基本的には教材は周回前提なわけです。

であれば、秋に差し掛かってからの教材選びは自分に本当にためになるものを選ぶ必要があります。

これまで手にしてきた使い慣れている教材に頼るのも一つの手です。

しかし、そうではなく、新しい問題に効率的にチャレンジしていきたい!というタイプの方、そのような人にぜひぜひおすすめの一冊です。

使ってみての感想、意見をお待ちしております。それでは、勉強頑張ってくださいね。

おすすめ教材:英文法・語法 良問500 整序英作文編

とりあえず、以下の3問を解いてみてください。

1:It was a very cold day ( blow / the north / a freezing  wind / with / from / blowing ). (一語句不要)

2:私たちの部屋の変えるべき点について助言をくれてありがとう。

Thank you (about / what changes / for / should / your advice / we / make ) to our room.

3:マーケティング部門には情報が少なすぎて、その新製品を販売すべきかどうかを決定できなかった。

The marketing department ( a / had / information / little / make / to / too ) decision on whether or not they should sell the new product.

解答:

1:It was a very cold day with a freezing wind blowing from the north.

2:Thank you for your advice about what changes we should make to our room.

3:The marketing department had too little information to make a decision on whether or not they should sell the new product.

どうです?サクッと解けましたか?つまずいたり、間違えたりしてしまったあなたは本日の教材を演習する必要ありかもですね。

こんにちは、管理人のtwelfです。本日は整序英作文のおすすめ教材をご紹介いたします。

整序英作文、要するに並び替え問題ですね。4択問題と比べて苦手に感じていらっしゃる生徒様も多いのではないかと存じます。

正直、設問のための出題形式、という感がなくもない整序英作文ですが、英語4技能が叫ばれる昨今になっても執拗に出題され続け、少なくとも私大に関しては完全に設問から消えることは当分の間ないでしょう。

そんな憎き整序英作文の苦手克服に最適な一冊です。

英文法・語法 良問500 整序英作文編

f:id:oversea12:20201126002950j:plain

おススメ度:★★★☆☆

問題数  :★★★★☆

問題文  :★★★☆☆

解説量  :★★☆☆☆

河合塾の「英文法・語法 良問500」シリーズの中の一冊。他にも同シリーズから2冊出ており、それぞれ文法4択問題と誤文訂正問題を扱っております。

誤文訂正問題については非常にニッチな関係上、必要な生徒にはドはまりする教材なので、いずれこのブログでも紹介する機会があると思います。

整序英作文問題が苦手、とは言っても原因は複数考えられます。そもそもが、文法力が壊滅的で問われる勘所の知識が欠如している生徒。イディオムの定着があいまいで、そのたびに損をしている生徒。「英語慣れ」がそもそもできておらず、いたってノーマルな修飾関係ですらド外ししてしまう生徒…。

その苦手解消のための取り組みはそれはそれで必要なのですが、整序英作文の問題に大量にあたる機会が少ないということもまた苦しい点です。この教材はそんな悩みからはもうオサラバ!

なんてったって500問の整序英作文が襲ってくるのですから。

◇教材の特徴

・「並び替え問題」を得意に

・対症療法にとどまらないまとめ解説

「演習n回目」と銘打って10題ずつひとセットになっています。問題は別冊で解説は本冊。文法問題の仕上げ教材としては旺文社の「英文法ファイナル」などが有名ですが、それよりはほんのり解説量としては多いと思います。

教材はGMARCHレベルから大東亜帝国レベル、そしてセンター試験問題まで、全国の大学入試から過去問を集めてきたものとなっております。

一日〇〇問と決めて取り組んでいくことで、1周する頃には並び替え問題は得点源!と自信をもって言えるようになっているはず。

◇おススメポイント

そもそもコンセプトからして勝ちといっても過言でない教材。問題演習→解説にとどまらず、英語に対する興味を引き立てたり、英語力を底上げするために必要な気づきを得るためのヒントとなるコラムも充実。

個人的にこの教材をただの問題首都思えなくしているのは「コミュニケーション・コラム」の存在ですね。

「keep the door open とleave the door open」の違いとか、「文化説明の際によく使える表現」だとか、「show / suggest / revealの違い」などなど...。大学入試を一歩超えて、英語力を次のステージへとステップアップさせるのに役立つ豆知識が満載です。気になりますよね?

◇最後に

本恭二のおすすめ使用時期は、「Nextstage」や「vintage」系の教材もだいぶ集会を重ね、「英文法ファイナル」などの実践文法問題集にも手を出し、「それでもどうやら俺は整序英作文が苦手らしい」とわかるころ。

イメージ的には受験学年の10月ごろから、過去問補並行していくイメージでしょうか。

この教材で、自信を付けられることを祈っております。使ってみての感想、お待ちしています。

おすすめ教材:入門英文問題精講

こんにちは、管理人のtwelfです。本日は伸び悩む英語のカンフル剤、英文精読問題集のおすすめをお伝えします。

「単語も2000語覚えた!」「ネクステも制覇した!」「長文問題集も何冊も解いた!」でも英語の点数が伸びない...。という生徒さんへ。

伸び悩みの原因はもちろん人それぞれですが、その原因がもし「英語を正確に読む目が養われていない」のであれば、本教材を一度解いてみることをおススめします。

入門英文問題精講

f:id:oversea12:20201125010311j:plain

おススメ度:★★★★★

問題数  :★★☆☆☆

問題文  :★★★★☆

解説量  :★★★★☆

旺文社の英文精読教材。著者は竹岡広信。駿台西日本勢のドンです。この著者の教材の3冊が「英語教材三種の神器」としてもてはやされた時代がありました。

過去形にしたのは時代遅れになったからではありません。それらに負けず劣らぬ教材が同著者からガンガン出ているからなんですね。

同著者の「英文熟考」シリーズや「英文解釈の原則125」も同系統の教材です。生徒さんの好みという部分は教材選定において確かに大きいですし、レベル感も上記の教材と比べて微妙に異なっているので、選択肢の一つとして、書店でゆっくり考えてみることを推奨します。

それでは気になる中身を見ていきましょう。

◇教材の特徴

・「なんとなく読む」読解からオサラバ

・超ハイクオリティな解説

数センテンスほどの和訳問題が数十ほど → 1題1題の詳細な解説という英文精読教材としてはオーソドックスなスタイル。問題が別冊、解答が本冊。

◇おススメポイント

この教材のちょっとした構成の個性としては、問題ページを1枚めくると勘所となる単語の解説が載っていること。とりあえず単語レベルまではクリアーし、そこからいかに背伸びさせるか、という点に絞った構成といえるかもしれません。

問題の配列は文法事項別ではなく、英文解釈に必要な知識(句、節、仮定法、比較、分裂文その他...)に沿ってアレンジしなおされています。1題1題じっくりと考え抜いて自己採点→知識の点検をしていくことで、文法と読解の橋渡しができます。

この教材の利点としては何と言ってもその超ハイクオリティな解説!「この単語がどこにかかっているのか」「句、節の相互の関係は」「一見意味が取りづらい単語の用法について」など、疑問点を執拗に解説してくれます。

本当に超個人的な話なのですが、この方の「関係代名詞は代名詞」などの解説はよくパクって参考にしています。

1周したころには「文脈に沿って何となく」読むだけの英文読解からはオサラバできていることでしょう。

◇導入の時期について

高校文法がある程度自信をもって身についてきたころに。

「関係詞?関係代名詞や関係副詞とはまた違うの?」とか、「形式主語と強調構文って一緒だと思ってた」とか「仮定法は苦手だから捨ててるんだよね」とか、そんな段階で無理やり導入しても効率が上がらないどころか苦痛なだけです。

そのような方は「Nextstage」「Vintage」「polaris英文法1,2」などで文法問題をしっかり得意にしつつ、学校教科書の長文やサイドリーダー、「速読英語長文」「英語長文レベル別問題集1,2」などでしっかり英語に触れておく訓練を積み重ねるべき。

↑のような勉強を続け、「最近少し英語学習の阿部にぶち当たってきたかな...」という段階で導入すると吉。受験学年の1学期~夏前にこなすのが吉ですが、夏明け~10月ごろにずれ込んでしまってもまあ良いでしょう。まだ挽回は図れる、くらいのスピードです。

◇勉強法

絶対雑にこなさないように!

英文精読の教材を渡して、生徒がいつの間にか陥っているダメダメ勉強法としてよくあるのは、辞書や参考書にあたろうともせず、自分なりの解釈を作ろうともせず、解答の訳文を確認して解説を斜め読みしてハイ、終わり!というもの。

いえ、わかります。しんどいですよね、右も左もわからない状態で拙い解答を作るのは。

でもそんなことをしていては本番に必要な「粘る力」がいつまでたってもつかないままです。

おススメ勉強法としては以下をご提案いたします。注意点としては以下をすべて自力で取り組もうとしないこと。辞書や参考書、学校の先生やネイティブの友人何を使っても構いません。悩めば悩むだけ力になってくれます。

・まず問題文をノートに取る(一行開け)。

・まず単語調べ。

・品詞分解しつつ重要構文は都度確認。

・和訳作成。

・解説を読み要点をノートにまとめる。

・解答をノートに写す。

・問題文を何度も音読。

↑上記のことはルーティーンとしてこなしてみてください。相当にきついはずです。一日2~3題ペース、しんどい時は1日1題が限界かも。

でもそれが「雑に勉強しない」ということです。英語が大得意になった自分を思い浮かべつつ、取り組んでみてください。

◇最後に

どれだけ自分に厳しく取り組んだかが勉強の成果に直結しやすい英文解釈教材。自分の力だけではしんどそう...と思ったあなたはある意味正しい。

この手の事柄こそ学校の英語の先生や塾の講師を積極的に頼るべきです。長文問題集やリスニングの勉強の質問を持ってきた時よりノリノリで解説してくれると思います。

ならば、問題集も一つのパートナーとして、本当にクオリティの高い一冊を選びたいですよね。そのようなあなたにこの「入門英文問題精講」は圧倒的な完成度をもって答えてくれます。ぜひご一考ください。

おすすめ教材:生きる現代文キーワード

こんにちは、管理人のtwelfです。本日のテーマは雲をつかむような現代文教材。

「何から勉強すればよいのか分からない」「センスはある方だと思うが点数が安定しない」「過去問を解くとどうしても時間が足りない」...そんな生徒さんにおすすめの教材です。

生きる現代文キーワード

f:id:oversea12:20201119010241j:plain

おススメ度:★★★★☆

問題数  :★★★★☆

問題文  :★★☆☆☆

解説量  :★★★☆☆

駿台文庫からの現代文教材。この手の類似教材を学校で渡されているかもしれませんね。裏を返せば自学メインに頑張っている生徒さんの場合、盲点になりやすい分野なわけ。

姉妹本として「生きる漢字・語彙力」という教材もあります。こちらの方がより知識ー得点の距離が近い教材です。

著者は霜栄さん。駿台の有名講師ですね。私が駿台にいたころは使いもしない教材を大量に年度頭に渡された記憶があるのですが、そこに現代文のキーワード集は含まれてなかったように記憶しています。今はどうなんでしょうか?

最近はキーワード集の有用性が人口に膾炙して久しい気がします。(難しい言葉を使ってみました)

それではいよいよ気になる中身をのぞいていきましょう。

◇教材の特徴

・現代文の点数を「計算可能」に

・さよなら「何言っているのこの人」

本冊は序章~第3章の3部構成。序章は、思想・社会・メディア・芸術…、などの切り口から現代を説明した読み物。「あるある」の話題にキャッチアップするのに有効かもしれません。時間のある時に読んでみるとよいと思います。あくまで時間のある時に。

1章は共通テスト形式に近い語義問題が計575問。

1章は共通テスト形式に近い語義問題が計575問。本文中の「辟易した」の部分に傍線部が引っ張ってあり、「その意味を次の選択肢から選べ」的な問題、ありますよね?それがひたすらズラーっと並んでいます。

2章は現代文キーワード集。読み物と穴埋め問題の形式(見開き1p完結×67テーマ)。読み物には、「要約しなさい」と問題がついています。穴埋め問題は語義から勉強した単語を思い出して当てはめていく形式。ページ数で言えば130ページほど。

3章は語義問題。類義語、多義語の勉強を行っていく形です。これに関しては正直、日本語力を長期的なスパン、それも受験に関係がないくらいのスパンで高めていきたい人向けですかね~。これに関しても時間がある人向け。この教材の強みは1章と2章に凝縮されています。

◇おススメポイント

とにかく、1章と2章の周回により現代文の地力を確実に向上させることができること、これに尽きます。

「解答のテク」「本番の問題形式」「実力診断」「裏技」「消去法のコツ」...この手の文言に飽き飽きして限界を感じている生徒さん向け。というか、そこで限界を感じる生徒が多いのではやめに手を付けることをお勧めします。

まず強力なのは1章。週に40語ペースで勉強していけば4か月で一周できる語彙問題。しっかりと身に着ければ、GMARCH合格ライン以上の語彙レベルといえるでしょう。

続いて2章。週に4テーマペースでこちらも4か月。「市民社会」「ポストモダン」「っマスメディア」「贈与と返礼」「リアリズム」などなど、問題文中に出てきたら俺までため息をつくような語句も、この教材の周回が終わることには論旨把握のための大きな助けになっていることでしょう。「あ~あ~、この話ね」と...。

現代文に壁を感じ、何としても破りたい生徒さんにぜひぜひ紹介したい教材です。

欠点を上げておくのも半ば恒例になりそうな予感。ここで言っておきます。正直要約力の要請や小論文対策を目的にこの教材を手に取るのは微妙です。

2章は半ージ分くらいの文章(現代文キーワードがちりばめられています)を要約せよという指定がついているのですが、正直やらないよりはましだろう、という思いで追加したようにしか思えません。

だってどの文章も話題→具体・説明のようなながれになっておらず、話題→話題→...の形式なんですもの。もとは現代文のキーワードをハイスピードで説明するためのキメラ文章なのだからさもありなんです。

◇導入の時期について

できるだけ早く!以上!

1章の語彙問題に関しては、共通利用が決まった際、過去問で類似形式の問題を見た際に仕上げとして勉強する...というのも想定できなくはないですが、そのような現代文勉強法は 付け焼刃の域を出るものではないでしょう。2章中心に計画的にこなしていくのを進めます。先ほども申し上げました通り、4か月で1周ペースで課すと受験年度から始めたとして本番までに3周できますね。

年度初めに読解公式を覚えるのと並行してこなしていくことをお勧めします。

◇最後に

現代文のキーワード学習。後回しにしてしまっている生徒も多いと思います。「読書量をこなしていけば自然に身につく」と...思い出してみて下さい。これまで英語の文法にしろ数IIIの微積分の公式にしろ、「自然に知識が身についた」科目なんてありましたか?文法4択問題をひたすらノックとか、地道な計算練習とか、やってきましたよね?

現代文ではこれがそれらの基礎練習に当たります。現代文が合格点に届いてない生徒は異国も早く手に取ってください。

おすすめ教材:「有名」私大古文演習

「有名」私大古文演習

f:id:oversea12:20201118010232j:plain

おススメ度:★★★☆☆

問題数  :★★★★☆

問題文  :★★★★☆

解説量  :★★★☆☆
河合塾から出ているシリーズのうちの一冊。これの上位教材として、首都圏「難関」私大古文演習があり、想定志望校レベルに近づきます。この記事を読んで、良いなと思ったらそちらもご検討あれ。

執筆は河合塾の講師陣。表紙は地味な茶色でいかにもな古文教材といった印象です。第一刷は2015年ということで、参考書のなかでは新しくも古くもないといった案配でしょう。とはいえ、現代文や英語長文と違い、古文読解に古いも新しいもありません。
それでは、肝心の中身を見ていきましょう。

◇教材の特徴

・豊富な問題量

・実戦形式での演習

・必要十分な解説

収録問題数は20題。この手の参考書としては少し多めですね。出典は、作り物語、歴史物語、説話、日記、随筆、近世文など偏りは基本ありませんが、歌論書が載ってないのが気になりますかね。一応近年の出題傾向の一つではありますし。

大学は、日東駒専~GMARCH+全国の同レベル帯。ですので、問題形式は基本的にマーク式です。問題文は別冊に収録。解答解説が本冊のスタイルですが、そこまで厚みに違いはありません。

当問題集の特徴ですが、まずは各問題の合格基準として点数が示してあること(合格確実、合格可能性あり、頑張れ!の三段階)。各大学の国語の問題から古文に割ける時間を割り出した(本当だとしたらうれしいですね)、という解答時間も指定されており、本番チックな緊張感をもって演習することができます。

解説の構成について。まず「本文解説」として、本文の話の流れが書いてあります。学校の古文の先生の雑談チックな内容で、そういうのが好きな人は本文と照らし合わせつつ読むとよいと思います。効率重視の演習であれば読み飛ばしても大きな問題はないでしょう。

次は本文の品詞分解...というより、用言の活用や、助詞助動詞の意味、重要単語などの補足+本文の全訳が載っています。人によってはもうすこし細かい本文解説が欲しいと思うかも。

続いて設問の解説、正解を導き出す思考法はわかるけれども不正解選択肢の吟味に関してはそれなり。まあオーソドックスな分量だと思います。

◇おススメポイント

本教材のおススメポイントは、なんといっても本番を意識した雰囲気で演習・実力診断が出来ること。モチベーションの維持や本番を意識した仕上げに非常に効果的です。あとは解説もそこそこ載っているので復習も十分に可能。

古文の勉強の難しい点のひとつとして挙げられるのが、東進の過去問サイトや、あとは一部大学の赤本などは全訳が示されないこと。十分な解説を得られないままに、「問題解きっぱなし」の状態に陥ってしまっている受験生を見ることは多いです。

「ガッツリ赤本」期間に入る前に、この教材で過去問の試運転をするのが良いと思います。志望校選定の助けにもなりますしね!

そこまで欠点らしい欠点はないのですが、注意事項としては、解説の量や精度に関して言えば、polaris古文シリーズや、全レベルシリーズに一歩劣る点。

あとは解説の「出典」のところがさすがに貧弱。タイトルと時代とジャンルと著者が箇条書きになっている程度で、本番までに何をどの程度のレベルで仕上げるべきかが全く見えてきません。私大形式こそ文学史の知識が必要なのに...。

文学史の勉強に根本的にメスが必要な生徒の場合、正直助けになりません。「SPEED攻略10日間 文学史」で必要最小限を駆け抜けるか、「古文上達56」で応用の効く知識をじっくり蓄えるか。どちらでも良いと思いますが、とにかく別教材の助けが必要になるのは確かです。

◇導入の時期について

古文単語を一通り覚え、古典文法に一通り習熟し、逐語訳が可能となり、ある程度スピードのある読解ができるようになり、さあそろそろ力試しでもしてみるか!となった生徒さん向け。

これまでの学習で何をどれだけやってきたかにもよりますが、基本的には秋前後の時期がそれにあたるのかと。類似教材で言えば、「polaris古文シリーズ」「全レベルシリーズ3・4」はこの教材より先にこなしておくとよいと思います。そちらの方が品詞分解が詳細だったり、設問に対する解説が充実しています。

これら教材を経て、ある程度は地力でも不明点を消化できるようになった段階...「有名」と「難関」はあなたを強力にサポートしてくれるはずです。

国公立志望の生徒より必要科目数は減るとはいえ、古文の勉強に例えば毎日毎日10時間も避けるだけの余裕はないと思います。この手の教材も本番までに5冊ほども仕上げればそれで精一杯という受験生が大半でしょう。

◇最後に

目についた教材をとりあえずやってみる、は古文ではできません。やる意義のある教材を、相応の精度を持ってこなすことが古文の各州においては必要になるわけです。その中の一冊として、私は本教材を強くお勧めします。使ってみた感想、いかがだったでしょうか?ご意見お待ちしています。